ブリュッセル首都圏政府貿易投資局 - 新たな展望を構築する

ブリュッセル首都圏政府貿易投資局は、ブリュッセル首都圏政府の外国貿易および海外投資のサービス機関です。

Brussels Invest & Export

ブリュッセル首都圏政府貿易投資局は、2011年5月30日に正式に発足し、ブリュッセル経済の国際化を推進しています。

輸出サービス

ブリュッセルでは、プロジェクトマネージャーとアドバイザーからなるチームが、ブリュッセルの商品やサービスを扱う輸出事業に関して、専門知識の提供や助言を行っています。またブリュッセル企業に、商業上の法律、規制、また海外展開に伴う費用に対する財政支援が得られる可能性についての情報提供をしています。
 
海外には、世界中に約95名の経済商務官のネットワークがあります。全員が仲介役として、ブリュッセル企業のために現地で働いています。
 
現地のチームと海外の経済商務官が力を合わせ、国内外でブリュッセルの輸出促進に関連するイベントを年間約100回開催しています。

外国投資の促進

経済商務官やコンサルタントは、ベルギー進出に興味のある外国企業に対し、個別に助言を行います。ベルギー、ベネルクス、ヨーロッパでのビジネス活動の戦略的な中核拠点として、ブリュッセルをプロモーションしています。
 
外国企業には、ブリュッセル進出の適合性を評価してもらうために、「ウェルカム・パッケージ」を提供しています。設備の整ったワークスペースがお試し期間の3ヶ月間無料で利用でき、その期間中は個別の企業に応じた支援や専門知識が提供されます。

ミッション

ブリュッセル首都圏政府貿易投資局は、ブリュッセルに拠点を置く輸出企業や海外投資家が国際展開を進める中で、ブリュッセル首都圏地域における付加価値づくりや雇用創出を支援する戦略的パートナーです。